高野寺 - シャクナゲ寺 水子供養 安産祈願 子授祈願

高野寺のご案内

高野寺は千二百年余り前、弘法大師空海によって開かれた古刹です。鎌倉時代の古文書には『いかなる罪人も高野寺の境内に走り候えばその罪も免じる』とあります。
山門をくぐれば、慈悲深い仏の懐にも似た深く静かな佇まい。
『九州八十八ヶ所霊場』や『肥前の国七福神』の毘沙門天霊場として、子授け、安産祈願やボケ封じの祈願の道場として知られています。
また高野寺は、癪投げ寺とも呼ばれ、かんしゃく玉の癪を病の種と解し、悩みや苦しみの種を投げ捨てる「ストレス解消の寺」であることから、本尊は別称、『癪投げ観音』と呼ばれております。

高野寺の境内には20種類1,000本のしゃくなげが植えられており、4月初旬から5月初旬に開催されるシャクナゲ祭では満開の花々が皆様をお迎えします。

お百度参りの回廊の先にある金運栄達のご利益を授ける36体の不動明王が祀られた不動堂です。

高野寺の境内に高くそびえたつ本堂。訪れるものを温かく迎えてくれます。

本堂には西日本一(高さ:3.25m、幅:2m)の大きさを誇る『本尊十一面千手観音菩薩』が安置されておいます。

金運栄達のご利益を授ける36体の不動明王を祭る不動堂と、お百度参りの回廊が完成しました。今秋には皆様が書写された般若心経の写経を収める心経宝塔が完成いたしました。

人は皆一度は通らねばならない老いの坂道。ならば健康で笑ってボケぬよう、ボケ封じ観音様にお参りしましょう。住職のユーモア溢れるボケ封じの養生説法は大人気です!

観音様に抱きつき、観音様のお慈悲を頂き、ストレス解消して頂けます。

お知らせ

毎月21日 写経会と護摩祈祷
1月21日 初大師と初写経
2月11日 星まつり
9月21日 秋彼岸法要
11月10日~20日 子育て祈願祭
12月21日 ご先祖総供養と説教会
お笑い説法
水子供養
子授、安産の祈願
写経のすゝめ
納骨、永代供養
肩こりの方へ
各種販売
アクセス

スペシャルコンテンツ

九州八十八ヶ所霊場会
しあわせめぐり
肥前の国 七福神めぐり

元禄の庭特設サイト

元禄の庭特設サイト